×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

注目のWIMAXの1日利用プランというの

WiMAXで知っておきたい

注目のWIMAXの1日利用プランというの

注目のWIMAXの1日利用プランというのは、その名の通り1日ごとに計算を行い利用料金を払って利用することができるプランのことです。年中使うわけではないけれど、でかけている際や出張の際だけ使う必要があるという場合におススメのプランになります。

初期費用の支払い方法などによって、申し込んだWiMax端末が発送される日が違ってくるケースがある。原因は、WIMAX端末の発送を始める日は、契約したプロバイダ側で料金の支払い方法がはっきりと把握できてから後になっているのが原因だからです。

iPadなどに代表されるタブレット端末というのは機能的には、簡易版のノートパソコンです。メールをチェックしたり書類を閲覧するとか画像や動画を見たり色々な機能が使用できます。そして操作の面からいうと、スマホとほとんど同じような感覚です。

ご存知のフレッツ光に加入した場合キャッシュバックなどといった特典があるわけですが、そういう特典は代理店が受け取ることができる通信業者からの手数料をお客に還元してまでも新規契約獲得数を上げることを目的にとんでもない条件が可能になっています。

WiMAX方式は使用する電波の性質上建物の中では電波が到達しにくいものです。そんな中でもコンクリートでできた住宅とかビルそして、商業関連ビルの中では残念ながら圏外になってしまうという最大の弱点を持つ仕組みなのです。

知っている人もいるかもしれませんがWiMAX用の端末というのは、根強い人気のWindowsXPとの相性がよくなくて、普通のままであればネットへの接続スピードがかなり低下してしまうのでWiMax端末のメーカーではその対策のためにXP用のバッチファイルをちゃんと用意しているのです。

ネットで話題のWiMAXの電波というのは実は発信している基地局からそんなに飛ぶものではないですし、基地局近辺ても部屋の中に入ると電波の受信状態が悪くなって、また時間帯によっても利用できる速度が非常に大きく変動する可能性もあります。

確認が必要なのはWiMAXについての広告や表示などで下り最大40Mbpsと表示されているのはもちろん理論値であって実際に出せる速度ではないのです。接続する場所であったり時間帯の違いでかなり下がりますから注意が必要なのです。

もしゲームだとか大容量のマルチコンテンツや多種多様なプログラムを実行するのであればパソコンの直接操作だって絶対条件になりますから、WiMaxよりもフレッツ光を契約した方が向いています。

通信ができないときにはインターネット回線に接続中のモデムなどの通信用の機器の電源プラグを抜き差しするなどして、電源を入れなおしてみるのもいいでしょう。回線の側に問題が発生していた場合、あっさり復旧する場合だってよくあります。

WM3800Rであれば、最初に接続していればスマートフォンの電波が3Gに落ちてしまう状況でも、なんと4Mbps程度を保った状態で通信を続けられるなど魅力的な「WiMAXハイパワー」の効果がのすごさを実感していただけます。

電波の発信局がたくさんだと安定傾向にあるんだけれども速度が落ちてしまう、局が遠い場合や少ないと安定は犠牲になるけど回線速度は速くなる。こんな傾向がWiMAXの性格と言えます。

申し込んだプロバイダーによって新規契約したことによるキャッシュバックを支払いがあるタイミングが異なるのです。実際の入金までには新規利用開始から定められた期間を経て約12か月後になっている業者が大部分となっています。

この頃は携帯電話用の電波を使うことでネットに常に接続している方が多くなってきたので、現在主流の定額制を変更した方がいいのではないかという考え方が珍しくありません。アメリカではすでに、日本のような定額制から従量制に改めたところだってあるそうです。

お手軽なWiMAXの速度でも普段の使用にはストレスを感じることはないのですが、とにかく光接続による1Gbpsの速さはまさに別世界ですね。そんな桁外れな速さを未経験だったら、WiMAXを使用していてスピードに関する不満はおそらく感じないのでは。

WiMAXで知っておきたいこと全集


WiMAXで知っておきたいこと全集

Copyright(C) 2012 WiMAXで知っておきたいこと全集 All Rights Reserved.